今更 お節とは

そもそもお節とは何時頃から始まったのでしょうか。

平安時代からあり庶民が祝うようになったのは江戸の頃でしょう。

日持ちする食材ばかりは台所の火の神様を怒らせないようするためとかお正月の期間は女性を休ませてあげる意味合いもあるのです。

地域ごとにその土地ならではの旬の食材・特産物が使用されます。

食材には必ず豊作・子孫繁栄・出生・長寿とおめでたい料理です。

戦後、豪華なお重箱になったのはデパートの商戦作戦だとも言われています。

お雑煮とは

日本の主食はお米、豊作を願い神にささげる特別な餅米お祝い事には餅を付いて丸餅、角餅、その土地の産物と共に鏡餅とお供え感謝

した後で皆さんと頂く。

お屠蘇とは

一年の邪気を払い無病息災長寿をお米で作ったお酒で祝杯を挙げる

生薬を漬けた薬草酒、清酒とみりんの発酵酒、お神酒とも言います。

2019-01-01 17.36.502019-01-01 17.40.55

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中