古代蓮の花

三連休、ここの所お天気が思わしくありません。
この薄曇りの雨天にこそ美しく開花する古代蓮を観てきました。
朝早出発の訳は開花の際にバクッと開く音がするそうです。
でもそぼ降る雨の音で聴くことできませんでした。
古代蓮はおよそ弥生時代の種が偶然開花したことで世間を騒がせました。
建設予定の土地を掘起したら偶然そこに雨水がたまり、地底に眠っていた種がこの世に開花したのです。
夕方には花が閉じてしまい、三日間咲いてしおれていきます。弥生時代から蘇り世紀の開花です。
何とも言えぬ美しさ、古代の蓮の花の池でしばし癒されてきました。
広告

仙台の七夕

仙台の一番街中央通りアケードの七夕は何度観ても圧巻です。地元商店街では七夕さんと言われ一年の大事なイベントだと言われています。東北の玄関一大都市いつの頃からでしょうか。何でも江戸の頃、伊達政宗候が婦人に対する文化向上のため奨励したのが始まり言われているそうです。うっとしい季節 笹かまを頂き、ついでにずんだ餅も頂きそぞろ歩きを致しましょう。ちなみに「ずんだ餅」の由来ご存じでしょうか? 「伊達男」と「ずんだ」粋じゃないですか

バラの季節に撮る

庭の垣根にはバラのつたピンク、イエロー満開で、通りを歩く人を癒してくります。バラの庭園、バラの公園、バラのお風呂、バラの 食品、バラの香水、部屋中バラの甘い香りで玄関・洗面所・リビング・満喫です。

母の日 82歳で逝った母を思い出します

 

 

yjimage7AB2F8EQ

あの頃、私は東京に出て来て20代自分の洋服も買えず、母が季節ごとにお洒落なのを送ってくれました。そんな訳で母の日には感謝を込めて反物を送るのが楽しみでした。母に似合いそうな柄を百貨店の店員さんと選び店から送って貰いました。4年程続いたのでしようか。今は、母のその着物を洋服に仕立直して私が着用しています。母も私に似合いそうな洋服を選ぶのを楽んでいたのではと思います。

大型連休も今日で終わりです

連休最後の駆け込み観光行って参りました。かの有名な栃木の藤棚庭園へ16時車で出発

日暮れからライトアップに合わせて、幻想で美しいです。観る者を飽きさせません。

入園料が高いのもうなずけます。藤花のメルヘンの世界に癒やされました。

スマホの電池切れてしまいました。2時間藤の花の香りを全身に浴び大満足です。

 

 

 

平成最後の新宿御苑桜の宴

恒例の総理と桜を見る会に諮らずもご招待を賜りました。スカイブルーの空に様々な桜が映えわたる広大な新宿御苑に安部総理と昭恵夫人は約17000人の招待客に拍手でお迎え、お見えになりました。政界・財界・芸能人・マスコミでお見かけする方々に笑顔で握手歓談され人垣の沿道を歩いておられました。テントの中には飲み物も用意されており乾杯の際のマスを頂き記念に持帰り御苑を後にしました。